徳島県のおすすめ食器買取業者の口コミや食器情報を紹介します

おすすめ食器買取業者の徳島県での口コミ・評判とは?

徳島県の食器買取とは?

このページではこちらで紹介している過去の私の経験からおすすめの食器買取業者に対して徳島県から寄せられている口コミ・評判情報をピックアップし紹介していきます。徳島県においてブランド食器から和食器など食器全般の買取をお考えなら、当ページの口コミ情報もご覧ください!


このページでご紹介しているおすすめ食器買取業者は徳島県内全域で食器買取の相談から対応していますので、徳島市はもちろんのこと、阿南市や鳴門市、吉野川市や小松島市など、徳島県内全域にて気軽に食器買取の相談ができるのも魅力です。徳島県で食器買取の検討なら是非参考にしてください!


都道府県を問わない、食器買取におけるおすすめの業者の一覧はこちらもどうぞ

おすすめ食器業者業者の徳島県での口コミ・評判

では、おすすめ食器買取業者の簡単な概要と徳島県における口コミ・評判をご紹介します。

【食器買取で総合的におすすめ】買取福ちゃん

おすすめ食器買取業者福ちゃんの評判と概要

【買取福ちゃん】食器買取データ

ブランド食器
和食器
アンティーク食器
サービス内容
対応スピード
受付時間 9:00~21:00
買取依頼の費用 完全無料(クーリングオフも可)
相談のみの受付 対応可能

食器買取福ちゃんは食器の買取もかなり専門的に行っている買取業者ですので、ブランド食器の買取はもちろんの事、和食器やアンティーク食器など様々な食器を総合的に買取して欲しい時は特におすすめです。初めての方でも安心して利用可能な雰囲気の対応もおすすめです

徳島県で福ちゃんの食器買取サービスを利用した方の感想

バインダーの挟む部分の画像

徳島県徳島市在住
40歳代女性 / 出張買取

これまでの買取サービスの利用回数は?
3回目
今回の買取サービス満足度は?
非常に満足
買取をお願いした食器
マイセンのプレート、セーブルの金彩カップソーサーなど
次回も利用したいですか?
機会があれば利用したい
福ちゃんの買取サービスで良かった点は?
食器の買取業者をネットで調べましたが、タレントの中尾彬さんと池波志乃さんがイメージキャラで目に付きやすかったです。福ちゃんのホームページを見ると、食器の高価買取実績もたくさんあるし、取扱している食器の種類とか状態も幅広い。何よりも、徳島県まで無料で査定OKというところが惹かれましたね。
福ちゃんの買取サービスで悪いと感じた点は?
買取成立者に中尾彬さんのグッズをプレゼントして欲しい(中尾さんのファンなので)。
お客様の感想があればご記入ください
福ちゃんの利用は初めてでしたが、ブランド食器が思っていよりも高く売れて驚きました。中古食器とはいえ、ほとんど使わずに大切にしまっておいて良かったです。出張買取は、食器を売ったお金をその場で頂けるのも有り難いですね。思わぬ臨時収入が入ったので、旅行代金にでも使わせていただきます。徳島県まで食器を買取に来てくださり、ありがとうございました。

【和食器・アンティーク食器買取】でおすすめの日晃堂

おすすめ食器買取業者日晃堂の評判と概要

【日晃堂】食器買取データ

ブランド食器
和食器
アンティーク食器
サービス内容
対応スピード
受付時間 9:00~21:00
買取依頼の費用 完全無料(クーリングオフも可)
相談のみの受付 対応可能

日晃堂の大きな特徴は骨董品買取専門店の延長として食器買取を開始しているという点です。その為、有田焼や備前焼といった焼き物(和食器)やアンティーク食器の買取に優れていますので、和食器を中心に買取依頼をする際に特におすすめできる業者です。

徳島県で日晃堂の食器買取サービスを利用した方の感想

バインダーの挟む部分の画像

徳島県阿南市在住
50歳代女性 / 出張買取

これまでの買取サービスの利用回数は?
1回目
今回の買取サービス満足度は?
満足です
買取をお願いした食器
萩焼の茶碗、益子焼の大鉢など
次回も利用したいですか?
ぜひ利用したい
日晃堂の買取サービスで良かった点は?
徳島県にある食器買取業者の中でも、特に和食器の買取に強い所です。日晃堂さんは知人の紹介で知りましたが、他の買取業者は和食器の買取自体をしていない所もある中、祖父が大切にしてきた和食器をしっかりと査定してくださいました。査定員さんもずいぶんと手慣れた様子で査定したり、専門的なお話をしてくださいました。和食器に詳しい方に査定してもらえる、これほど頼もしいことはないと思います。
日晃堂の買取サービスで悪いと感じた点は?
買取業者を使うこと自体が初めてですので、特に物足りないと感じたことはありませんでした。
お客様の感想があればご記入ください
祖父から譲り受けたこともあり、正直に言うと和食器の買取相場はあまりよく知りませんでした。萩焼や益子焼の値段などは考えたこともないぐらいです。なので買取額を初めて聞いた時、とても驚きました。今回売却した益子焼は、人間国宝の濱田庄司さんという作家の作品であることを親切に教えていただいて、初めてそれほどの価値がある物だと知りました。誠実にそのことを教えてくださった日晃堂さんの対応に感謝します。

徳島県の市区町村群一覧

徳島県の市区一覧

鳴門市、三好市、美馬市、小松島市、吉野川市、阿波市、阿南市、徳島市

徳島県の町村郡一覧

名西郡石井町、海部郡牟岐町、板野郡藍住町、名東郡佐那河内村、板野郡上板町、板野郡板野町、勝浦郡上勝町、三好郡東みよし町、那賀郡那賀町、勝浦郡勝浦町、板野郡北島町、海部郡美波町、名西郡神山町、美馬郡つるぎ町、板野郡松茂町、海部郡海陽町

徳島県にまつわる食器や焼き物について

日本では全国各地で様々な焼き物が焼かれていますが、焼き物と一言にいっても特徴や種類は様々で、生産された背景には多くの歴史もあります。このページでは徳島県の食器買取情報を紹介しましたので、徳島県で有名な焼き物についてもついでにご紹介させていただきます。

徳島県が生んだ「大谷焼」とは

大谷焼

安永九年(1780)江戸時代後期に、四国八十八ヵ所霊場の巡礼に来ていた豊後の国(大分県)の焼物細工師文右衛門が、大谷村ではじめて轆轤細工を披露し焼きあげたのが始まりです。当時、徳島県では焼物はとても珍しいもので、これに興味をもった十二代藩主蜂須賀治昭公は南京唐津の磁器を焼くように命じ、九州から職人を多く招きいれ、天明元年(1781)に大谷村に藩窯が築かれました。ここで初めて藍染めに欠かせない道具である、染付け磁器の藍甕が焼かれることになりました。しかし高額な原材料に採算がとれなくなり、わずか三年で藩窯は廃止されてしまいます。

その後天明四年(1784)に藍商人であった賀屋文五郎らが、信楽(滋賀県)の陶工である忠蔵の協力のもと、大物陶器を作ることに成功します。 しかし明治になると化学染料の開発や生活様式の変化により、藍甕の需要は激減しましたが大甕作りは続けられていきました。現在は壺、皿、茶器など小物を焼いている窯も見られます。平成十五年(2003)に経済産業大臣指定の伝統的工芸品に指定されました。

徳島県「大谷焼」の特徴

讃岐山脈に沿った土地から採られている土は鉄分が多く、ざらざらとした感触があり、わずかに金属的な質感があります。焼き上がりは主に焦げ茶色ですが、深い銀色や灰色なども有名です。

更にその作り方に大きな特徴があり、大人の身長ほどもある大甕を作る時には、寝ろくろが使用されます。それは一人が作業台の下で寝転び、足で蹴ってろくろをまわし、もう一人が上で成形をしていくのです。これは二人の息がぴたりと合っていないと作ることができません。更にこの巨大な陶器を焼き上げる登り窯は日本一の大きさと言われています。

大谷焼”黄金窯変”とは

窯元である大西陶器で作られている花器には、まるで金色を塗ったかのような美しい発色の花器があります。これは焼成で偶然黄金色にできたものなのです。

高さが43cmもある大型の花器から盃のような形をした花器まで、登窯の中で起こる奇跡が生み出す黄金窯変。様々な偶然が織り成す風景をみているようで、思わず引き込まれてしまうでしょう。これはまさに登窯と真摯に向き合う陶工の息吹が、吹き込まれた瞬間なのかもしれません。

12月のおすすめ業者!

おすすめ食器買取業者福ちゃん
ページのトップへ