漆器の買取価格と概要を一覧で紹介します!

漆器の買取なら「食器買取」がおすすめです

漆器を食器買取で売る

食器買取では、「漆器のお盆」「漆の茶碗」「漆のお膳」「輪島塗」なども買取対象です。このページでは、漆器の買取価格例や、高く売れる漆器の特徴、買取を断られてしまう漆器の特徴などを具体的に紹介していきます。

漆器といえども様々ありますが、特に作家物や骨董品の漆器だと、数十万円の価格で取引されるような高級品も多くなってきます。 けれども、近年ではプラスチックやウレタン塗装などの”漆風”の作品も多く出回っています。

ただ、食器買取における漆器の買取価格はピンキリではあるものの、「買取可能な漆器」の割合は非常に多いので、漆器の処分を考えるのであれば、一度は買取依頼をする事をおすすめします。

食器買取は、相談から買取完了まで無料で利用できますし、キャンセル費用も掛かりません。 「実際に売るかどうか分からないし…」と迷われている場合も、漆器の写真を食器買取業者に送るだけで「漆器の買取の可否と査定金額」も聞けますので、簡単に漆器の価値を判断することが出来ます。

さて、漆器の買取を依頼する業者についてですが、漆器は作家物の作品であれば特に高い買取価格が期待できるため、「漆器作家」について精通している食器買取業者に依頼するのがベターな選択です。

なので、食器と骨董品両方の買取に力を入れている買取業者へ依頼するのがおすすめです。漆器の買取で私がおすすめするのは次で紹介している【買取福ちゃん】です

漆器の買取でもおすすめ【買取福ちゃん】

おすすめ食器買取業者福ちゃんの評判と概要

【買取福ちゃん】食器買取データ

ブランド食器
和食器
アンティーク食器
サービス内容
対応スピード
受付時間 9:00~21:00
買取依頼の費用 完全無料(クーリングオフも可)
相談のみの受付 対応可能

福ちゃんは、食器買取に加えて骨董品の買取も専門的に行っている買取業者ですので、和食器や古い漆器の買取においても非常におすすめです。食器や古い美術品の買取にはとても強い買取業者なので、和食器やアンティーク食器など色々な漆器や食器を総合的に買取して欲しい時には特におすすめです。初めての方でも安心して利用可能な雰囲気の対応も好評価でした

漆器の買取価格に関する参考例をご紹介

実際、漆器がどれくらいで売れるのか気になるかと思います。漆器といっても様々な種類や、作家物・骨董品などの作品としての漆器があり、それぞれで買取価格の決まり方も大きく異なります。ここでは、それぞれの漆器がどれくらいで売れるのかという買取価格例をご紹介します。

【漆器】漆器茶碗8客揃え 鈴木睦美作の買取価格と概要

【漆器】漆器茶碗8客揃え 鈴木睦美作
参考買取価格5万~8万円位
こちらの漆器は「鈴木睦美」という漆芸作家の作品で、8客分が揃いの品になっています。鈴木睦美は京塗師の鈴木表朔(二代目)を父に持ち、代々塗師として活躍した家に生まれました。買取価格は8客揃えで大体5~8万円前後が期待できます。 また、鈴木睦美の父である鈴木表朔の漆作品も、高い買取価格が付く作品が多いです。基本的に作家物の漆器は価値が高いので、積極的な買取利用をおすすめします。

【漆器】稲忠漆芸堂 漆器吸物椀の買取価格と概要

【漆器】稲忠漆芸堂 漆器吸物椀
参考買取価格5000円~1万円位
こちらは、輪島塗で有名な「稲忠漆芸堂」の古い漆器作品です。5客揃えの吸い物椀で、食器買取に出された場合、買取価格は1万円前後が期待できます。輪島塗とは石川県輪島市で作られる漆器で、下地を何層にも施すことで丈夫な作りになっています。輪島塗には手間暇かけて作られているような高級品も多く、美術品としての買取価格が期待できる場合もあります。ただ、輪島塗の中でも買取価格はピンキリなので、手軽なメール査定を利用されると便利です。

【漆器】漆器香合 高野松山作の買取価格と概要

【漆器】漆器香合 高野松山作
参考買取価格1万~2万円位
こちらは、人間国宝作家「高野松山」が手掛けた漆作品で、「香合」という仏具・茶道具の一種です。 高野松山は大正から昭和にかけて活躍した漆芸家で、昭和30年に蒔絵分野において人間国宝に認定されました。作品や状態によって買取価格は変わりますが、こちらの香合だと、買取価格は1万円前後が期待できます。高野松山作品は香合の他にも茶碗やお盆、棗などがあり、どれも優雅で精巧な仕上がりが評価されています。

【漆器】堆朱盆 清代の買取価格と概要

【漆器】堆朱盆 清代
参考買取価格5万~10万円位
こちらは「堆朱」というもので、素地に漆を塗り重ねて厚い層を作り、模様を彫って完成させる作品です。堆朱は骨董品の分野で高く評価されており、特に昔の中国で作られた作品は何十万円という価格で取引されることもあります。 こちらの堆朱は中国・清時代に作られたもので、骨董品として評価された場合、買取価格は10万円前後も期待できます。古い漆器を買取に出す際は、こうした骨董品としての価値も査定してくれる買取業者ををおすすめします。

【漆器】漆器盆 柴田是真作の買取価格と概要

【漆器】漆器盆 柴田是真作
参考買取価格8~10万円位
漆器には茶碗や棗、重箱、盆など様々な作品がありますが、基本的には「作家物か否か」「骨董品として価値があるか」などが買取価格の判断基準になります。こちらは漆器の盆ですが、幕末~明治時代にかけて活躍した「柴田是真」という作家の漆器盆で、買取価格は10万円前後も期待できます。柴田是真は日本画家として活躍する一方、蒔絵作家としても名の知れた人物で、新たな技法を数々生み出しました。独特の作風は、海外でも高く評価されました。

高い買取価格が付く漆器の特徴をご紹介

高い買取価格が付く漆器の特徴をご紹介

ひとくちに漆器買取といっても、買取価格はピンからキリまであります。 ここでは、「高く買取してもらえる傾向にある漆器の特徴」をご紹介します。

漆器の正確な買取価格は、買取業者の査定員といった専門家に確認しなければ分かりませんが、「高い買取価格がつくかどうか」の目安であれば、ある程度なら特定の特徴から判断することはできます。

きちんとした木製で、天然漆の作品か

漆器買取で高い買取価格が付く条件としては「きちんとした木製で、天然漆の作品か」が重要になります。漆器には、実は「天然の素材で作られたもの」と、そうでないものがあります。近年では漆ではなく、ウレタン塗装やカシューナッツから作られる塗装などで作られた、漆器”風”の製品も多くなっています。

ベースとなる器も、天然木だと買取価値も期待できますが、プラスチックや合成樹脂に木の粉を混ぜたもの等で作られる器もあり、そうした漆器だと買取価格はそれほど期待できません。

蒔絵や沈金などの技法が使われた漆器

漆器の中に、金や銀などで模様が描かれている品があります。これは「蒔絵」という技法で、漆が乾かないうちに表面に金属粉を蒔き、図柄を定着させるものです。

他に薄い金属板を定着させる「平文(平脱)」という方法や、漆器の表面に溝を作って金箔を埋め込む「沈金」、金属ではなく貝を切ったものを埋め込む「螺鈿」などの技法が、漆器の装飾として使われています。

無地の漆器より、こうした模様のある漆器の方が高い買取価格がより期待できる傾向にあります。

「作家物」の漆器は高く売れやすい

特に、人間国宝に認定されている有名な作家や、歴史的に名の知れた作家が手掛けた漆器だと、美術品としての価値が見込め買取価格も期待できます。人間国宝に認定された漆芸作家をの例を挙げると、蒔絵だと松田権六、大場松魚や寺井直次、螺鈿では北村昭斎、沈金だと前大峰などが該当します。

ここで述べた作家名はあくまで一例ですので、共箱などに作者名や銘が入っていれば、メール査定の際に一緒に撮影しておきましょう。

漆器の産地をチェック

作られた地域がブランド化しているような漆器作品だと買取価格が高くなる場合も多いです。例えば「山中漆器」、「会津漆器」や「紀州漆器」、「輪島塗」などが挙げられ、昔から良い品質の漆器が沢山創出されてきました。

ですが、地域ブランドの漆器の中でも、数十万円で取引されるような高級品から、比較的リーズナブルに入手できる漆器まであるので買取価格はピンキリです。

古いほど漆器も高価買取が期待できます

漆の歴史は非常に古い事もあり「古い漆器」には骨董品としての価値が高く評価され、結果としてかなりの高価買取が期待できる場合があります。

一例を挙げると「秀衡塗」と呼ばれる漆器作品は古いものだと骨董品としての価値が非常に高くなり、買取価格も茶碗1点で数万円~10万円前後が見込めます。他には、堆朱をはじめとした中国骨董品に該当する漆器作品も買取価格が非常に高くなる傾向にあります。

ただ、骨董品としての価値とは「珍しい作家」や「歴史的な価値」、「伝統的な技法」など様々で、アンティーク関連に精通した専門家でなければ判断は難しいところではありますので、木箱にしまわれている漆器など「古そうな漆器を見つければ高価買取が期待できるかも」と思い、福ちゃんや日晃堂といった骨董にも精通している買取業者に相談するとよいでしょう。

買取を断られてしまう漆器の特徴

買取を断られてしまう漆器の特徴

漆器の買取価格はピンからキリまであり、万単位の買取価格になるような価値の高い漆器がある一方で、価値の低い漆器ももちろんあります。 ただ、価値が低くとも「一応の買取価格が付く漆器」は沢山ありますので、選択肢の一つとして食器買取を検討されるのはおすすめです。

買取の可否からいえば、まず「無名のブランド(工房)やノーブランドの漆器で、かつ付属品がなく状態も悪い」などになってくると、買取を断られる可能性は高くなります。 ですが、ノーブランドの漆器であっても、まだ使っていない新品や、付属品が揃っている状態ならば買取が出来る可能性もあります。

また、「アンティークを除き1000円未満で購入できる漆器」は、新品であっても買取を断られる可能性が高いです。この価格帯になってくると中古での需要がなかなか無く、どうしても高い買取価格が付けられなくなってくるからです。

ですが、単品で売るかまとめて売るかでも買取してもらえるかの判断がかなり変わりますので、単品では買取不可だとしても、他の物を売る際に「この漆器もまとめて売りたい」と言えば、数百円程度でも買取してもらえる可能性は大きく上がります!

冒頭辺りでも述べたように、査定依頼や買取の可否を相談するのは無料かつ、メール査定で手軽に行えるので、処分しようと思うのであれば一度写真を撮って、食器(骨董品)買取業者にメール査定を依頼する事をおすすめします。

「買取をお願いするかどうかも分からないのに・・・」と気が引けるかもしれませんが、ある程度規模の大きな買取業者であれば、専属のオペレーターがいるので全く問題はありません。(個人店のようなところだと返事が返ってこない可能性もありますが)

福ちゃんをはじめとした、当サイトで紹介しているおすすめ食器買取業者は有名な大手業者ですし、私も実際に利用した買取業者なので、気軽に相談しても大丈夫ですよ。

漆器をできるだけ高額で買取してもらう為に

漆器をできるだけ高額で買取してもらう為に

漆器を高く売る為にはいくつかコツがありますが、「早いタイミングで売る」「下手なメンテナンスをしない事」が大切です。

漆器は紫外線や極端な乾燥に弱く、保管しておくだけでダメージが進行してしまう可能性も高いです。せっかくの良い漆器であっても、状態が悪ければ価値は著しく下がってしまいます。 そのため、使用する機会がなく、これからも長く眠らせておく予定であれば、買取に出されたほうが良い場合も多いです。

また、保管による劣化があっても「価値が高い漆器」であることが分かっていれば、一度写真査定を利用して、買取価値を判断されることをおすすめします。

そして、漆器に使用感が出てしまうと、買取価格が減額になる可能性が非常に高いです。そのため、「新品の漆器を見つけたら、使わずに売る」ことをおすすめします。 付属品の有無によっても買取価格は変わってきますので、箱などの付属品があれば一緒に査定に出しましょう。

食器を高く売るために、一番確実な方法は【複数の買取業者で相見積もりを取る】ことです。幾つもの業者に質問するのは面倒くさそう・・・と思われますが、一度作成した問い合わせメールをコピペして同内容を他の買取業者に送れば、手間なく複数の買取業者からの返答が得られます。

他にも、高く売るコツは次のページでも紹介していますので、食器買取の際は参考にしてください。

9月のおすすめ業者!

ページのトップへ