福島県のおすすめ食器買取業者の口コミや食器情報を紹介します

おすすめ食器買取業者の福島県での口コミ・評判とは?

福島県の食器買取とは?

このページではこちらで紹介している過去の私の経験からおすすめの食器買取業者に対して福島県から寄せられている口コミ・評判情報をピックアップし紹介していきます。福島県においてブランド食器から和食器など食器全般の買取をお考えなら、当ページの口コミ情報もご覧ください!


このページでご紹介しているおすすめ食器買取業者は福島県内全域で食器買取の相談から対応していますので、いわき市はもちろんのこと、郡山市や福島市、会津若松市や須賀川市など、福島県内全域にて気軽に食器買取の相談ができるのも魅力です。福島県で食器買取の検討なら是非参考にしてください!


都道府県を問わない、食器買取におけるおすすめの業者の一覧はこちらもどうぞ

おすすめ食器業者業者の福島県での口コミ・評判

では、おすすめ食器買取業者の簡単な概要と福島県における口コミ・評判をご紹介します。

【食器買取で総合的におすすめ】買取福ちゃん

おすすめ食器買取業者福ちゃんの評判と概要

【買取福ちゃん】食器買取データ

ブランド食器
和食器
アンティーク食器
サービス内容
対応スピード
受付時間 9:00~21:00
買取依頼の費用 完全無料(クーリングオフも可)
相談のみの受付 対応可能

食器買取福ちゃんは食器の買取もかなり専門的に行っている買取業者ですので、ブランド食器の買取はもちろんの事、和食器やアンティーク食器など様々な食器を総合的に買取して欲しい時は特におすすめです。初めての方でも安心して利用可能な雰囲気の対応もおすすめです

福島県で福ちゃんの食器買取サービスを利用した方の感想

バインダーの挟む部分の画像

福島県いわき市在住
50歳代女性 / 出張買取

これまでの買取サービスの利用回数は?
3回目
今回の買取サービス満足度は?
大満足
買取をお願いした食器
マイセン「ブルーオニオン」食器セット
次回も利用したいですか?
機会があれば利用したい
福ちゃんの買取サービスで良かった点は?
ブランド価値のある食器はしっかりと買取してくれるところです。家の近くにあるリサイクルショップでも見積もりしましたが、福ちゃんとは買取額が全然違いました。やっぱりブランド食器は、ちゃんと食器の買取専門に売るべきですね。ちゃんと対応してくれる買取業者が、福島県まで無料で査定に来てくれるのもよいところだと思います。
福ちゃんの買取サービスで悪いと感じた点は?
福島県にも福ちゃんの店舗があれば・・・と思います。食器以外の品物も含めて、色々な不用品を直接店舗まで売りに行けるともっと便利になるので、今後の展開に期待しています。
お客様の感想があればご記入ください
マイセンのブルーオニオンを、十分納得のいく金額で買取していただき、ありがとうございました。ブランド食器をこれだけしっかりと買取してくれる福島の買取店は、他にはそうそうありません。機会があれば、次もぜひ福ちゃんを利用したいと思います。

【和食器・アンティーク食器買取】でおすすめの日晃堂

おすすめ食器買取業者日晃堂の評判と概要

【日晃堂】食器買取データ

ブランド食器
和食器
アンティーク食器
サービス内容
対応スピード
受付時間 9:00~21:00
買取依頼の費用 完全無料(クーリングオフも可)
相談のみの受付 対応可能

日晃堂の大きな特徴は骨董品買取専門店の延長として食器買取を開始しているという点です。その為、有田焼や備前焼といった焼き物(和食器)やアンティーク食器の買取に優れていますので、和食器を中心に買取依頼をする際に特におすすめできる業者です。

福島県で日晃堂の食器買取サービスを利用した方の感想

バインダーの挟む部分の画像

福島県郡山市在住
60歳代男性 / 出張買取

これまでの買取サービスの利用回数は?
1回目
今回の買取サービス満足度は?
非常に満足
買取をお願いした食器
九谷焼の茶碗、香炉、ぐい呑みなど
次回も利用したいですか?
ぜひ利用したい
日晃堂の買取サービスで良かった点は?
アンティーク食器の買取にも強いところですね。福井県にはいくつかの食器買取業者がいますが、日晃堂さんのように和食器やアンティーク食器の買取に強い買取業者は珍しく、魅力に感じたので買取を依頼させていただきました。それに何と言っても、福島県まで無料で食器を買取に来てくれるところですね。
日晃堂の買取サービスで悪いと感じた点は?
買取業者を利用すること自体は初めてなので、特にありませんでした。
お客様の感想があればご記入ください
福島まで九谷焼の買取に来ていただき、ありがとうございました。今まで集めてきた九谷焼きを買取してもらいましたが、その中でも古九谷焼は特に高く買取していただきました。アンティーク食器のことに詳しい査定員の方だったので、買取額も期待しましたが、私の期待以上の買取額の提示がとても嬉しかったです。もちろん、即決で九谷焼を売ることに決めたのは言うまでもありません。

福島県の市区町村群一覧

福島県の市区一覧

須賀川市、伊達市、いわき市、南相馬市、福島市、白河市、郡山市、本宮市、相馬市、喜多方市、田村市、会津若松市、二本松市

福島県の町村郡一覧

大沼郡金山町、双葉郡川内村、東白川郡塙町、岩瀬郡天栄村、大沼郡昭和村、西白河郡中島村、双葉郡双葉町、双葉郡葛尾村、西白河郡矢吹町、双葉郡浪江町、石川郡平田村、石川郡古殿町、河沼郡湯川村、東白川郡矢祭町、東白川郡棚倉町、南会津郡只見町、石川郡玉川村、相馬郡飯舘村、河沼郡会津坂下町、双葉郡大熊町、河沼郡柳津町、石川郡石川町、伊達郡川俣町、耶麻郡猪苗代町、大沼郡三島町、伊達郡国見町、西白河郡西郷村、大沼郡会津美里町、双葉郡富岡町、双葉郡楢葉町、東白川郡鮫川村、耶麻郡北塩原村、岩瀬郡鏡石町、田村郡小野町、田村郡三春町、相馬郡新地町、南会津郡檜枝岐村、伊達郡桑折町、南会津郡下郷町、安達郡大玉村、耶麻郡西会津町、石川郡浅川町、西白河郡泉崎村、耶麻郡磐梯町、双葉郡広野町、南会津郡南会津町

福島県にまつわる食器や焼き物について

日本では全国各地で様々な焼き物が焼かれていますが、焼き物と一言にいっても特徴や種類は様々で、生産された背景には多くの歴史もあります。このページでは福島県の食器買取情報を紹介しましたので、福島県で有名な焼き物についてもついでにご紹介させていただきます。

福島県の焼き物「会津本郷焼」の歴史

会津本郷焼

福島県の焼き物「会津本郷焼」の歴史は、文禄二年(1593)に会津若松城主である蒲生氏郷が、お城の改修のため播磨国(兵庫県)から瓦工を呼び、屋根瓦を製造させたのが始まりと言われています。その後本郷の地で焼物が始められたのは寛永二十二年(1645)です。会津藩主の保科正之が招き入れた、美濃国瀬戸の陶工である水野源左衛門によって、原土が発見され陶器の製作が本格化しました。

更に大久保陶石が発見され有田で学んだ佐藤伊兵衛が、1800年頃に備前式登窯を築き、磁器を製作したのです。その後藩主が奉行所を設置したことで、陶磁器は藩の産業となりましたが、まもなく奉行所は廃止となってしまいます。しかし職人達に土や工具を分け与えたことで、職人それぞれが窯を築き、窯元となったのです。現在は10数件の窯元があり多種多様で個性豊かな作品が製作されています。 福島県のこの地は、1993年には通商産業省から伝統的工芸品産地として指定されました。

会津本郷焼の特徴について

会津本郷焼の特徴は、「陶器と磁器の両方を製作」していることです。磁器には青色の呉須を使う染付けや、西洋の絵の具を使った様々な種類の作品があります。また陶器は実用的なものが多く、使われている釉薬に飴釉や灰釉があります。飴釉はまさに飴色で光沢があり、これを使ったものでは鰊鉢が有名です。昔からニシンの山椒漬けに使用されていました。

また、窯元ごとに地元の陶土陶石を主な原料として、独自の製法で作っています。 他にも急須、土瓶、花器などがあり、中でも急須の茶こしの部分を日本で初めて考案したとされ、日本一出の良い急須としても有名です。

会津本郷焼の「宗像窯」

福岡県宗像大社の神官とは、布教のため、会津本郷に移り住むことになりました。神官はその地域で、生活の糧として「宗像窯」を築き焼物を始めます。現在は、八代当主宗像利浩がその窯を受け継いでいます。

宗像窯は数々の賞をとっている素晴らしい窯ですが、その中でも特に”にしん鉢”は面白い存在です。寒い会津地方の保存食として、にしんの山椒漬けはかかせません。その道具として親しまれ、重量感がある長方形の鉢には使い勝手のよい取手が付いています。飴色に白いつららのような模様が描かれていて、その均等がとれた美しさは見ている者に安心感を与えるでしょう。凍てつく季節にしっとりと静かにそこにある存在は、まさに芸術作品と言えます。

12月のおすすめ業者!

おすすめ食器買取業者福ちゃん
ページのトップへ