佐賀県のおすすめ食器買取業者の口コミや食器情報を紹介します

おすすめ食器買取業者の佐賀県での口コミ・評判とは?

佐賀県の食器買取とは?

このページではこちらで紹介している過去の私の経験からおすすめの食器買取業者に対して佐賀県から寄せられている口コミ・評判情報をピックアップし紹介していきます。佐賀県においてブランド食器から和食器など食器全般の買取をお考えなら、当ページの口コミ情報もご覧ください!


このページでご紹介しているおすすめ食器買取業者は佐賀県内全域で食器買取の相談から対応していますので、佐賀市はもちろんのこと、唐津市や鳥栖市、伊万里市や武雄市など、佐賀県内全域にて気軽に食器買取の相談ができるのも魅力です。佐賀県で食器買取の検討なら是非参考にしてください!


都道府県を問わない、食器買取におけるおすすめの業者の一覧はこちらもどうぞ

おすすめ食器業者業者の佐賀県での口コミ・評判

では、おすすめ食器買取業者の簡単な概要と佐賀県における口コミ・評判をご紹介します。

【食器買取で総合的におすすめ】買取福ちゃん

おすすめ食器買取業者福ちゃんの評判と概要

【買取福ちゃん】食器買取データ

ブランド食器
和食器
アンティーク食器
サービス内容
対応スピード
受付時間 9:00~21:00
買取依頼の費用 完全無料(クーリングオフも可)
相談のみの受付 対応可能

食器買取福ちゃんは食器の買取もかなり専門的に行っている買取業者ですので、ブランド食器の買取はもちろんの事、和食器やアンティーク食器など様々な食器を総合的に買取して欲しい時は特におすすめです。初めての方でも安心して利用可能な雰囲気の対応もおすすめです

佐賀県で福ちゃんの食器買取サービスを利用した方の感想

バインダーの挟む部分の画像

佐賀県佐賀市在住
30歳代女性 / 出張買取

これまでの買取サービスの利用回数は?
3回目
今回の買取サービス満足度は?
非常に満足
買取をお願いした食器
大倉陶園、ロイヤルアルバートのプレートなど
次回も利用したいですか?
ぜひ利用したい
福ちゃんの買取サービスで良かった点は?
佐賀県まで無料でブランド食器の出張買取に来てもらえる点だと思います。他の買取業者だと、出張買取は大型家電や大型家具だけが対象というところもあるので、今回のように自宅までブランド食器を査定しに来ていただけるのは、とても助かりました。食器を割れないように丁寧に梱包する必要もありませんし、オークションやフリマで売るような手間もない。とても便利なサービスでした。
福ちゃんの買取サービスで悪いと感じた点は?
福ちゃんの利用は初めてということもあり、特に物足りないと感じることはありませんでした。
お客様の感想があればご記入ください
佐賀県までブランド食器の買取にお越しいただいて、ありがとうございました。家族がコレクションしていた和食器も買取してくださったので、自宅はずいぶんと片付きました。無料で食器の処分ができて、お金までもらえるなんて、とても便利なサービスだと思いました。また売りたい食器があれば、福ちゃんの買取サービスを利用します。

【和食器・アンティーク食器買取】でおすすめの日晃堂

おすすめ食器買取業者日晃堂の評判と概要

【日晃堂】食器買取データ

ブランド食器
和食器
アンティーク食器
サービス内容
対応スピード
受付時間 9:00~21:00
買取依頼の費用 完全無料(クーリングオフも可)
相談のみの受付 対応可能

日晃堂の大きな特徴は骨董品買取専門店の延長として食器買取を開始しているという点です。その為、有田焼や備前焼といった焼き物(和食器)やアンティーク食器の買取に優れていますので、和食器を中心に買取依頼をする際に特におすすめできる業者です。

佐賀県で日晃堂の食器買取サービスを利用した方の感想

バインダーの挟む部分の画像

佐賀県唐津市在住
40歳代女性 / 出張買取

これまでの買取サービスの利用回数は?
1回目
今回の買取サービス満足度は?
大満足
買取をお願いした食器
九谷焼の飾り皿、有田焼の白磁花瓶など
次回も利用したいですか?
機会があれば利用したい
日晃堂の買取サービスで良かった点は?
ネットの口コミで調べたところ、日晃堂さんは和食器の買取に強いことがわかりました。査定のときに、食器の買取相場に基づいた金額があることを教えてくださった上で、査定していただきました。丁寧で親切な説明は、私のような買取が初めての人間でもわかりやすく、納得した上で食器を売ることができました。和食器の買取価格にも満足しております。
日晃堂の買取サービスで悪いと感じた点は?
特にありませんでした。
お客様の感想があればご記入ください
初めて日晃堂さんを利用しましたが、査定時の対応、和食器の買取価格などすべてにおいて満足です。押し買いされるようなこともありませんでした。査定が終わってから、「査定額に納得していただいたらお売りください」と仰ってもらえたので、最後まで安心して買取サービスを利用することができました。

佐賀県の市区町村群一覧

佐賀県の市区一覧

嬉野市、鹿島市、伊万里市、武雄市、小城市、神埼市、鳥栖市、多久市、唐津市、佐賀市

佐賀県の町村郡一覧

杵島郡江北町、三養基郡上峰町、三養基郡基山町、藤津郡太良町、東松浦郡玄海町、西松浦郡有田町、杵島郡大町町、神埼郡吉野ヶ里町、三養基郡みやき町、杵島郡白石町

佐賀県にまつわる食器や焼き物について

日本では全国各地で様々な焼き物が焼かれていますが、焼き物と一言にいっても特徴や種類は様々で、生産された背景には多くの歴史もあります。このページでは佐賀県の食器買取情報を紹介しましたので、佐賀県で有名な焼き物についてもついでにご紹介させていただきます。

佐賀県の食器「伊万里焼」について

焼き物の名前入ります

豊臣秀吉の命により佐賀藩鍋島直茂が朝鮮出兵をしたおり、多くの陶工を連れ帰りました。その中で陶工李参平が有田泉山で、白磁鉱を見つけたことにより磁器の製造が始まりました。 1610年代~30年代頃までに作られたものを初期伊万里と言い、この頃は白磁に青一色で染付けをし、素焼きをしない生掛け技法でした。また窯焼の時に製品どうし溶着させないために、朝鮮独特の砂を挟む技法、砂目積みが使われていました。

その後大川内の里で鍋島藩が将軍家や諸大名に献上するため磁器を製造したころから、これを鍋島様式と呼ぶようになります。 次に赤絵磁器の酒井田柿右衛門が柿右衛門様式を作り上げました。これは素地や釉薬が改良されて、白磁が米のとぎ汁のような白さであることから、濁手とよばれ乳白色で温かみのあるものになりました。この濁手の素地に赤絵を描き、日本独特の美しさをあらわすことに成功したのです。

更に古伊万里金襴手になると、素地に赤、金などを美しく絵付けした作品が作られるようになり、これらはヨーロッパに向けて輸出されました。 このような高度な技法が他に漏れてしまうことを厳しく規制するため、販売市場を伊万里に限定することにしたのです。それにより有田製品は伊万里津港から諸国へと輸出されました。よって有田焼は伊万里焼とも呼ばれるようになったのです。 また明治以降には伊万里も生産地となり、有田で焼かれたものは有田焼、伊万里で焼かれたものを伊万里焼と分けて呼ぶようになりました。

佐賀県で生まれた伊万里焼の特徴

粘土鉱石である泉山陶石や天草陶石などが使用されています。この二つの陶石の強度はとても高く、さらに美しく焼き上がるのが特徴です。 まさに透き通るような白なので、欧州の貴族から白い金と褒め称えられたそうです。その白磁に彩られる絵付けの美しさも有名です。

伊万里焼には古伊万里、柿右衛門、鍋島の三つの様式があります。この中で柿右衛門様式は素地の乳白色の上に、余白を活かした和の心を描いた花や鳥そして景色を、今までの色彩とは全く違う赤や青、緑や黄色といった華麗なる色合いで表現しました。その後紫や金も使用していきます。他にも左右非対称に絵付けをしたり、紅葉に鹿という定番の図柄があることでも知られています。

伊万里焼は天皇皇后両陛下への御献上品にも

現在柿右衛門様式を代表する小畑祐司が天皇皇后に御献上した作品が、湯呑み色絵桜図です。手の中にしっくりとおさまるほど良いサイズの湯呑みで、白磁をキャンバスに彩られ咲き誇っている桜が特徴的です。赤で縁取られた桜がピンクと白、葉っぱがグリーンブルーの素晴らしい鮮やかさです。絶妙な余白と色彩にうっとりし、両陛下がこれでお茶をお飲みになっていると思うとなんとも暖かい気持ちなります。

11月のおすすめ業者!

おすすめ食器買取業者福ちゃん
ページのトップへ