ブランド食器の価値と概要、おすすめ買取業者を紹介します!
このエントリーをはてなブックマークに追加

ブランド食器の買取相場や価値・概要を一覧でご紹介

ブランド食器の価値と買取価格と定義

このページでは様々なブランド食器の買取相場や概要について一覧でご紹介していきます。ブランド食器の買取相場や価値を知りたい方以外にも、「ブランド食器について」知りたい方も是非参考にしてください。

もし、ブランド食器の買取をお考え中の方であれば、「ブランド食器の買取は買取業者の選び方が全て」と言えるほど非常に大切です。当サイトでは様々なおすすめの食器買取業者をご紹介していますが、ブランド食器の買取で特におすすめできる買取業者をこのページでも1社だけご紹介します。

ブランド食器の買取でおすすめなら【買取福ちゃん】

おすすめ食器買取業者福ちゃんの評判と概要

【買取福ちゃん】食器買取データ

ブランド食器
和食器
アンティーク食器
サービス内容
対応スピード
受付時間 9:00~21:00
買取依頼の費用 完全無料(クーリングオフも可)
相談のみの受付 対応可能

福ちゃんは食器買取も専門的に行っている買取業者で、ブランド食器の買取もおすすめですが、和食器やアンティーク食器など様々な食器を総合的に買取して欲しい時にも特におすすめです。初めての方でも安心して利用可能な雰囲気の対応も好評価でした

有田焼や伊万里焼、備前焼など「和食器に関する買取相場や概要」に関しては次のページを参考にしてください

※ブランド食器の買取相場や概要の一覧は次の「ブランド食器の買取価格を正確に調べる方法」の下までスクロールしたところにございます。

ブランド食器の買取価格を正確に調べる方法

ブランド食器買取では相見積もりがおすすめです

このページでも、ブランド食器の買取相場や種類、概要を一覧リストで紹介していますが、ブランド食器の買取相場はあくまでも目安の価値となります。正確なブランド食器の買取価格をお伝えしたいのですが、ブランド食器は種類からシリーズまで非常に幅が広く、状態における買取業者が提示する買取価格の幅が広いからです。なので、【ブランド食器の買取価格を正確に知る簡単な方法】を先にご紹介します。


単純な方法ですが、おそらく最も「楽」で「効果的」かつ「正確」にブランド食器の買取価格を知る事ができると思います。


それは食器買取を行っている業者にメール査定を依頼する事です


これは非常に合理的な方法でして、ブランド食器をはじめとした食器商品は写真と簡単な情報があれば私でもかなり正確な食器買取価格の査定が可能ですので、この方法なら専門家であればかなり正確なブランド食器の買取価格を教えてもらえるでしょう。


そして、この方法は「相見積もりを取る事にも応用できます」ので、価値の高いブランド食器を持っている場合もメール査定で相見積もりをしてもらう事をおすすめします

ブランド食器をメール査定してもらうのにおすすめの食器買取業者は次のページを参考にしてください!

ブランド食器の一覧リスト

では、ブランド食器の買取価格や価値、概要を一覧で紹介していきます!

このサイトで紹介しているブランド食器の一覧は次の通りです(※五十音順並びです)

※下記のブランド食器の名称をクリックするとそこまでジャンプします。

※このページで説明しているブランド食器の買取価格は目安であり、他にも多くのブランド食器が存在します。また、状態はある程度の美品状態かつ基本的に付属品等は揃っている状態とした参考買取価格です。

ブランド食器の買取価格と価値・概要一覧はここから

【ブランド食器】アウガルテンの買取価格・価値

【ブランド食器】アウガルテン
発祥地:オーストリア
誕生年:1718年
買取価値:高い~非常に高い
アウガルテンの歴史は古く、磁器で初めてコーヒーカップを作ったのもアウガルテンだと言われている程。女帝マリア・テレジアの名が由来の「マリア・テレジア」、ビーダーマイヤー時代のデザインの象徴「ビーダーマイヤー」などシリーズは多岐に渡りますが、「ファンタジーバードシリーズ」は、アウガルテン工房の最上級絵付師しか描くことが出来ず、かなりの高価買取が期待できます。

【ブランド食器】アラビアの買取価格・価値

【ブランド食器】アラビア
発祥地:フィンランド
誕生年:1873年
買取価値:普通~高い
食器ブランド「アラビア」はフィンランド発祥、ヘルシンキ郊外のアラビア通りで創業している事がブランド名「アラビア」の由来なっています。アラビアはムーミンシリーズなど愛らしい絵柄が有名で、実は創業年が1873年と非常に長い歴史を持つブランドです。芸術性を持ちながらも実用的かつ安価な食器が多い為、買取価格は落ち着いていますが買取案件が多く、買取依頼がしやすいブランド食器です。

【ブランド食器】イッタラの買取価格・価値

【ブランド食器】イッタラ
発祥地:フィンランド
誕生年:1881年
買取価値:普通~やや高い
イッタラは品質の高さと優れたデザイン性を持ちながらも、電子レンジや食洗機対応など時代に合わせた食器づくりを行っています。デザイン性と利便性も備えた食器ブランドとして有名ですが、価格帯が安価というのも大きな魅力のひとつです。そのため、買取価格はブランド食器の中でも落ち着いていますが、イッタラバードなど高価買取が期待できるシリーズもあります。

【ブランド食器】ウェッジウッドの買取価格・価値

【ブランド食器】ウェッジウッド
発祥地:イギリス
誕生年:1759年
買取価値:高い~非常に高い
"英国陶工の父"と称されているジョサイア・ウェッジウッド氏が創業した食器ブランドが「ウェッジウッド」で、王室に献上される程の高い品質と美しいデザイン性で現在でも人気が高い食器ブランドです。不動の人気を誇る「ワイルドストロベリー」シリーズや、青色が美しい「ジャスパー」など種類は多岐に渡りますが、カップ一客で「万」を超える買取価格も期待できるブランド食器です。

【ブランド食器】エインズレイの買取価格・価値

【ブランド食器】エインズレイ
発祥地:イギリス
誕生年:1775年
買取価値:普通~非常に高い
英国王室ご用達のイギリス食器ブランドとして有名なエインズレイ。創業は1775年と古く、これまでにヴィクトリア女王在位の60周年を記念したプレートの作成や、エリザベス女王の結婚式の食器として使用されるなどの華々しい歴史を歩んできました。エインズレイはアンティーク物の価値が高く、一概には言えませんが「万」を超える買取価格が期待できるものも多くあります。

【ブランド食器】エルメスの買取価格・価値

【ブランド食器】エルメス
発祥地:フランス
誕生年:1837年
買取価値:普通~高い
ブランドとして有名なエルメスが食器の制作を始めたのは1984年と比較的近年ですが、クリスタルのサン・ルイや銀食器のピュイフォルカ等がエルメスと資本関係にあるため、食器自体の品質も非常に人気です。ブランドとしてはハイブランドですが、ブランド食器としての価格帯は高すぎるわけでなく、買取価格もそれに準じた価格になりますが、人気のブランド食器ですので買取に関してもポジティブです。

【ブランド食器】大倉陶園の買取価格・価値

【ブランド食器】大倉陶園
発祥地:日本
誕生年:1919年
買取価値:普通~非常に高い
日本が誇る代表的な洋食器ブランドのひとつに「大倉陶園」。美術的価値や鑑賞価値の高い食器を数々作り上げてきたブランドであり、「セーブルのブルー、オークラのホワイト」と称されるほどに、美しい白磁の滑らかさや白さが高く評価されました。「ブルーローズ」シリーズが有名ですが、買取価格が期待できるのは1945年以前に作られた「オールドオークラ(オールド大倉)」、高価買取が期待できます。

【ブランド食器】クリストフルの買取価格・価値

【ブランド食器】クリストフル
発祥地:フランス
誕生年:1830年
買取価値:高い~非常に高い
クリストフルは1830年創業と長い歴史のある銀食器ブランド、フランス王のルイ・フィリップより王室御用達の認定を受けるなど華やかな歴史を歩んできたクリストフルは、「卓上の芸術品」とも呼ばれ、美しい輝きと高いデザイン性で現在も多くのファンを獲得し続けています。スプーン1本でも1万円程の価値があり、セットとなると何十万以上の買取価格まで期待できます。

【ブランド食器】KPMベルリンの買取価格・価値

【ブランド食器】KPMベルリン
発祥地:ドイツ
誕生年:1763年
買取価値:高い~非常に高い
KPMベルリンは最上級ともいえる高級ブランド食器メーカーの一社で、ブランド名は「ベルリン王立磁器製陶所」を示しています。白磁食器を熱烈に愛していたフリードリッヒ大王によって創立され、絵付けの美しさはマイセンを凌ぐほどとも言われています。贋作や偽物も多く発見される事からも、数あるブランド食器メーカーの中でも買取価格はかなりの金額が期待できます。

【ブランド食器】香蘭社の買取価格・価値

【ブランド食器】香蘭社
発祥地:日本
誕生年:1879年
買取価値:普通~やや高い
香蘭社は佐賀県発祥の焼物「有田焼」の技術を活かした日本の食器ブランドで、和食器だけでなくカップ&ソーサーなども人気があります。透き通るような白磁の色合いと香蘭社独自の染付、そして優雅な色絵文様は香蘭社スタイルとも呼ばれています。買取価格は安価なシリーズが多いですが、大きな花瓶や壺などは別で、極めて巨大なものは数十万円以上の買取価格を秘めていることもあります。

【ブランド食器】セーブルの買取価格・価値

【ブランド食器】セーブル
発祥地:フランス
誕生年:1738年
買取価値:非常に高い
セーブルは日本国内でも最も高価な食器ブランドのひとつとして有名で、その美しい青色は「セーブルブルー」も称されています。セーブルの青色も様々で、コバルトの焼成を三回繰り返して均一な青となるファットブルー、うっすらと青みがかった幻想的なアガサブルーなどがあります。セーブルの生産数はきわめて少ない事もあり、ブランド食器の中でもトップクラスの買取価格が期待できます。

【ブランド食器】たち吉の買取価格・価値

【ブランド食器】たち吉
発祥地:日本
誕生年:1752年
買取価値:安い~普通
たち吉は江戸時代後期からの長い歴史を持つ、日本で創業したブランド食器です。茶の湯の伝統京都の街で生まれたブランド食器たち吉は、1950年に火災に遭い店舗を失いますが、焼け残った食器を大安売りと称して販売し、これまで高嶺の花であった高級食器の良さが更に浸透するきっかけともなりました。たち吉の価値はピンキリですが、基本的に高価買取は期待しづらいブランド食器と言えます。

【ブランド食器】ティファニーの買取価格・価値

【ブランド食器】ティファニー
発祥地:アメリカ
誕生年:1837年
買取価値:普通~やや高い
ティファニーはブランド食器も有名であり、その美しいデザインセンスは食器にも存分に活かされております。ティファニーブルーで彩られたブルーボックス、ボーンチャイナが美しいゴールドバンドなど種類も様々で、、根強い愛好家も多いです。ティファニーの食器の買取価格はピンからキリですが、限定品が特に高価買取が期待できます。

【ブランド食器】ナルミの買取価格・価値

【ブランド食器】ナルミ
発祥地:日本
誕生年:1946年
買取価値:安い~高い
ナルミはボーンチャイナで有名な「日本のブランド食器」で、国内での洋食器ブランドシェアはノリタケに次ぐ第二位と非常に人気が高い食器です。ナルミの食器はミラノシリーズが有名ですが、他にもパステルガーデンやシルキーホワイトなど様々なシリーズがあります。ナルミの価値は安価な食器も多いことから買取価格はピンキリですが1万円以上の買取価格を期待できるものもあります。

【ブランド食器】ノリタケの買取価格・価値

【ブランド食器】ノリタケ
発祥地:日本
誕生年:1904年
買取価値:高い~非常に高い
ノリタケは1904年に創業し、日本で初めて高級洋食器を作ったブランドと言われています。当時は再現が難しかった底の平らな大皿の制作や、日本で初めてボーンチャイナの製造に成功した由緒正しきブランド食器でもあり、日本の食器の歴史に大きく貢献しました。1884年頃から1945年頃の間に制作されたノリタケの食器は「オールドノリタケ」とも呼ばれ、かなりの高価買取が期待できます。

【ブランド食器】バカラの買取価格・価値

【ブランド食器】バカラ
発祥地:フランス
誕生年:1764年
買取価値:高い~非常に高い
バカラのグラスが持つ美しさは「光の芸術」とも称されます。歴史の長い「アルクール」やクラシックな「ミルニュイ」などシリーズは様々ですが、バカラのグラスは食器買取の中でも高く買取される事で有名です。高級感・美しさから芸術性にも人気の高いバカラは比例するように買取価格も高価買取が期待できますが、オールドバカラの本物は数ある食器買取でもトップクラスの買取価格が期待できます!

【ブランド食器】ファイヤーキングの買取価格・価値

【ブランド食器】ファイヤーキング
発祥地:アメリカ
誕生年:1941年
買取価値:普通~非常に高い
ファイヤーキングはアメリカ発祥の「耐熱ガラスブランド」で、スヌーピーやディズニーなどポップな絵柄や乳白感のある白や緑の色合いのマグカップが有名です。「ジェダイ」や「フィルビー」などファイヤーキングの中でも様々な呼称があります。ファイヤーキングのブランド食器としての買取価格は1976年以前のファイヤーキングや「ジェダイ・フィルビー」といった種類は高価買取が期待できます。

【ブランド食器】フッチェンロイターの買取価格・価値

【ブランド食器】フッチェンロイター
発祥地:ドイツ
誕生年:1814年
買取価値:普通~やや高い
フッチェンロイターはドイツのバイエルン地方で創業したブランド食器で、「アマリエンブルク」や「パピヨン」など繊細な絵付けやレリーフ、高い芸術性を前面に打ち出した高級感溢れるデザインで人気があります。食器ブランドの中でも比較的安価な価格帯ですので、買取価格はブランド食器の中でも高価買取が期待しづらいですが、風格あふれる佇まいで愛好家が多いのは頷けます。

【ブランド食器】ヘレンドの買取価格・価値

【ブランド食器】ヘレンド
発祥地:ハンガリー
誕生年:1826年
買取価値:高い~非常に高い
ヘレンドは世界的に有名な食器ブランドで国内においても人気が高く、ヘレンドを購入するためにハンガリーへ出向く愛好家もいる程です。絵付けの細かさや造形の美しさは芸術品といっても過言ではなく、現在でも絵付けは全て専属の職人の手作業によって進められています。ヘレンドは数ある食器ブランドの中でも価値が高く、ブランド食器買取でも高価買取が期待できるブランドです!

【ブランド食器】マイセンの買取価格・価値

【ブランド食器】マイセン
発祥地:ドイツ
誕生年:1709年
買取価値:高い~非常に高い
ドイツの名窯「マイセン」は最も有名なブランド食器といっても過言ではなく、西洋で初めて白磁食器を作った由緒正しきブランド食器としても知られています。マイセンのシリーズは、1739年からの長い伝統を受け継ぐ「ブルーオニオン」や「シノワズリ」、「インドの華」など数々ありますが、特にアラビアンナイト、サマードリームの買取価格は別格に高価買取が期待できます。

【ブランド食器】ミントンの買取価格・価値

【ブランド食器】ミントン
発祥地:イギリス
誕生年:1793年
買取価値:普通~高い
ミントンは世界で最も美しいボーンチャイナとも称されるブランド食器で、かの有名なヴィクトリア女王からの賞賛、王室御用達の食器としても愛されるなど華やかな歴史の歩みを持っています。お城の壁に掛けられたタペストリーのモチーフを食器にデザインしたハドンホールは現在でも人気のある定番シリーズです。価値はピンキリですが、廃盤や限定品であれば高価買取は期待できます。

【ブランド食器】ラリックの買取価格・価値

【ブランド食器】ラリック
発祥地:フランス
誕生年:1898年(ガラス工房創立年)
買取価値:普通~非常に高い
元宝飾デザイナーであったルネ・ラリック氏が手掛けたクリスタル製品は、そのデザイン性の高さから瞬く間に脚光を浴び、現在も人気があります。燕がモチーフとなったイロンデル、ルーブル美術館が由来となったルーブルなど様々なシリーズが生まれています。ラリックは安価なグラスが多く買取価格も安価なシリーズが多いですが中には10万以上の買取価格が期待できるものもあります。

【ブランド食器】リーデルの買取価格・価値

【ブランド食器】リーデル
発祥地:オーストリア
誕生年:1756年
買取価値:普通
オーストリアのボヘミア地方で生まれたガラスメーカー「リーデル」の創業は1756年と非常に古く、現在でも11代に渡る家族経営が受け継がれているブランドです。リーデルといえばやはりワイングラス、ブドウ品種ごとに最適なワイングラスを開発するほどであり安価に手に入るグラスから種類は様々ですが、高価なものでは1万を超える金額で買取してもらえるものもございます。

【ブランド食器】リチャードジノリの買取価格・価値

【ブランド食器】リチャードジノリ
発祥地:イタリア
誕生年:1735年
買取価値:普通
リチャードジノリはイタリアで初めて白磁食器を制作したブランド食器で、その白磁の美しさは「トスカーナの白い肌」と称されることもあります。買取業者曰くジノリはセットで5~6万円で買取する機会の多いブランド食器らしいです。単体では数百円~数千円の買取価格帯が中心ですが、アンティーク物や廃盤品なら単体でも数万円以上で買取してもらう事も可能です。

【ブランド食器】リモージュの買取価格・価値

【ブランド食器】リモージュ
発祥地:フランス
誕生年:1766年
買取価値:安い~非常に高い
リモージュ窯はフランスのヴィエンヌ川近郊の街「リモージュ」に開かれ、1766年に白磁食器の材料であるカオリンが発見されたことから七宝焼き・磁器食器の都としても栄えました。リモージュはリモージュ地方一帯でつくられた食器の総称になりますので、価値はピンキリですが、高価なものならば5万円以上の価格で買取してもらえるような食器もあります!

【ブランド食器】リヤドロの買取価格・価値

【ブランド食器】リヤドロ
発祥地:スペイン
誕生年:1950年
買取価値:高い~非常に高い
リヤドロはスペイン発祥の磁器人形(フィギュリン)メーカーで、躍動感溢れる造形や優しさ溢れる美しい佇まいから全世界に愛好家が存在しています。リヤドロのポーセリンアートは評価が高い事からも、リヤドロの買取価格は全体的に高く、リヤドロのフィギュリンであれば買取価格は万を超える金額は十分期待しても良いでしょう。(サイズの小さいもは1000円前後の買取価格になるものも。)

【ブランド食器】ルクルーゼの買取価格・価値

【ブランド食器】ルクルーゼ
発祥地:フランス
誕生年:1925年
買取価値:普通~非常に高い
ルクルーゼはホーロー製の料理鍋を代表とするブランドで、日本における知名度も非常に高いです。まだ黒色の料理鍋が主流であったころ、ホーロー加工の鮮やかな色彩の鍋を打ち出し、今ではルクルーゼのアイコン的存在となっています。全体的にル・クルーゼの買取価格は安価な傾向にはありますが、人気廃盤モデルやセットの揃い方によっては10万円以上の買取価格がつく場合もあります。

【ブランド食器】ロイヤルアルバートの買取価格・価値

【ブランド食器】ロイヤルアルバート
発祥地:イギリス
誕生年:1896年
買取価値:普通~高い
ロイヤルアルバートは「最もリーズナブルなボーンチャイナ」を方針としており、価格以上の芸術性と品質は世界で愛されています。オールドカントリーローズなどの定番品は、現在でも人気が高いですが、安価な価格帯ですので全体的には買取価格も100~1000円くらいのものが多いです。ですが、アンティークやセットでの買取依頼ならロイヤルアルバートでも万を超える高価買取が期待できます。

【ブランド食器】ロイヤルクラウンダービーの買取価格・価値

【ブランド食器】ロイヤルクラウンダービー
発祥地:イングランド
誕生年:1750年
買取価値:高い~非常に高い
ロイヤルクラウンダービーは創業当時はダービー社という名称でしたが、1775年に国王よりクラウンの商標使用を認められ、1890年にはヴィクトリア女王からもロイヤルの称号を授かった為、2つの称号と社名を合わせてロイヤルクラウンダービー社となったのです。ロイヤルクラウンダービーの買取価格は全体的に高額で、ロイヤルアントワネットのセットなら数万~10万円以上の買取価格も期待できます。
【ブランド食器】ロイヤルコペンハーゲン
発祥地:デンマーク
誕生年:1775年
買取価値:普通~非常に高い
ロイヤルコペンハーゲンは日本の古伊万里の影響を受け、ブルーフルーテッド等の美しいコバルトブルーの食器を多く輩出している名ブランド食器です。永遠の定番フローラダニカや、1908年の発売以来今なお欠けることなく続くイヤープレートは有名です。ロイコペの買取価格は種類・歴史の長さからピンキリですが、初版イヤープレートなら15万を超える買取価格も期待できます。

【ブランド食器】ロイヤルドルトンの買取価格・価値

【ブランド食器】ロイヤルドルトン
発祥地:イギリス
誕生年:1815年
買取価値:普通~高い
イギリス最大級の陶磁器ブランド「ロイヤルドルトン」は、ミントンやロイヤルアルバート等の有名ブランドも傘下に収めており、英国を牛耳る食器会社と言っても過言ではありません。ロイヤルドルトンの買取価格は全体的にはぼちぼちといったところで買取価格は1000円~、高額なシリーズは1万を超える買取価格が期待できますが、多数のセットが揃っている場合はさらに高価買取も期待できます。

【ブランド食器】ローゼンタールの買取価格・価値

【ブランド食器】ローゼンタール
発祥地:ドイツ
誕生年:1879年
買取価値:普通~高い
ローゼンタールはドイツのゼルプに工場を構える食器ブランドで、良質な陶土と伝統的な技術、そして近代的な生産設備を構え、瞬く間に西洋を代表する食器ブランドのひとつとなりました。代表的なデザインにランドスケープやトーマスなどがありますが、ローゼンタールはフィギュリン等も制作しており、魔笛シリーズなどはセットであれば10万を超える買取価格も期待できます。

【ブランド食器】ロールストランドの買取価格・価値

【ブランド食器】ロールストランド
発祥地:スウェーデン
誕生年:1726年
買取価値:普通
ロールストランドは王室御用達の食器ブランドとしてスウェーデンに誕生しました。その歴史は1726年からと長く、ヨーロッパの中でも2番目に古い歴史を持つブランド食器です。「オスティンディア」や「モナミ」などのロングセラーシリーズもある事から一買取価格は全体的には単体で100~1000円の食器が多いですが、一部アンティーク品やヴィンテージ食器は1万を超える高価買取も期待できます。

6月のおすすめ業者!

おすすめ食器買取業者スピード買取.JP
ページのトップへ