グラスの買取価格と概要を一覧で紹介します!

グラス(コップ)の処分なら「食器買取」がお得です

グラスの価値と買取価格と定義

食器買取では、あらゆるグラスやコップも買取対象にしています。バカラやラリックなどのブランド食器の他にも、江戸切子などの骨董品のグラスや引き出物で貰ったグラスなど、様々な種類のグラスを売ることが出来ます。

このページでは、グラスの買取価格例や、高く売れるグラスの特徴、逆に「買取を断られてしまうグラスの特徴」などを具体的に紹介していきます。

食器買取では、高く売れる貴重なグラスだと、1点で数万円単位の価格で買取されるような高級品もあります。 ですが、そのようなケースは稀で、ブランド食器のグラスの買取価格は良くても数千円~数万円前後の買取価格に落ち着きます。

良く買取されるグラスは「バカラ」「ラリック」「ティファニー」「エルメス」「サンルイ」といった有名な食器ブランドのグラスであり、こういった人気ブランドのグラスは食器買取でも買取価格が期待できます。

食器買取に出されるグラスの種類としては多くが上記のような「ブランド食器」との事ですが、「和食器」「骨董品」「作家物」といったグラスの買取も対応していることが多く、驚くほど高い買取価格のグラスとはこういったグラスの場合が多いそうです。

グラスの買取価格はピンからキリまでありますので、このページではグラスの買取価格例も併せてご紹介していきます。買取価格は品によって様々ですが、全体的な割合から見て「買取可能なグラス」の割合は意外と多いので、グラスの処分を考えるのであれば、一度は買取依頼をする事をおすすめします。

食器買取は、相談から買取完了まで無料で利用できますし、キャンセル費用も掛かりません。 「実際に売るかどうか分からないし…」と迷われている場合も、グラスの写真を食器買取業者に送るだけで「グラスの買取の可否と査定金額」も聞けますので、簡単にグラスの価値を判断することが出来ます。

さて、グラスの買取を依頼する業者についてですが、基本的には食器買取業者に依頼すれば大丈夫です。作家物の和食器やアンティーク品のグラスであれば骨董品買取業者に依頼した方が良い場合もありますが、大抵の場合は食器買取業者の専門性でカバー出来ます。とはいえ、価値をきちんと査定してくれるのか不安な面もあると思いますので、食器と骨董品両方の買取に力を入れている買取業者が特におすすめです。

グラスの買取をお考えであれば、当サイトでおすすめしている「福ちゃん」と「日晃堂」という食器買取業者が”食器の買取”と並行して”骨董品の買取”も専門的に行っているのでとてもおすすめですよ!

グラスやコップの買取でもおすすめ【買取福ちゃん】

おすすめ食器買取業者福ちゃんの評判と概要

【買取福ちゃん】食器買取データ

ブランド食器
和食器
アンティーク食器
サービス内容
対応スピード
受付時間 9:00~21:00
買取依頼の費用 完全無料(クーリングオフも可)
相談のみの受付 対応可能

福ちゃんは、食器買取に加えて骨董品の買取も専門的に行っている買取業者ですので、和食器や古いグラスの買取においても非常におすすめです。食器や陶磁器の買取にはとても強い買取業者なので、和食器やアンティーク食器など色々なグラスを総合的に買取して欲しい時には特におすすめです。初めての方でも安心して利用可能な雰囲気の対応も好評価でした

グラスの買取価格に関する参考例をご紹介

実際、グラスやコップがどれくらいで売れるのか気になるかと思います。グラスといっても様々な種類・ブランドの他、作家物などの作品としてのグラスがあり、それぞれで買取価格の決まり方も大きく異なります。ここでは、それぞれのグラスがどれくらいで売れるのかという買取価格例をご紹介します。

【グラス】バカラ「ローハン」の買取価格と概要

【グラス】バカラ「ローハン」コップ
参考買取価格2000~3000円位
「バカラ」はクリスタルガラス製品で有名なブランドで、贈答品・プレゼントとしても高い人気を持っています。こちらは、エッチングで植物模様が記された「ローハン」というシリーズのグラスで、買取価格はグラス1個あたり2000円前後も期待できます。古いローハンのグラスになるとアンティークバカラ(オールドバカラ)としての価値も期待できますので、買取価格がさらに高額になるケースもあります。

【グラス】マイセンクリスタル「ブルーオニオン」の買取価格と概要

【グラス】マイセンクリスタル「ブルーオニオン」コップ
参考買取価格3000~5000円位
「マイセンクリスタル」は高級磁器窯で有名なマイセンの地で創業したガラスのブランドで、1972年に工場が国営化されたことをきっかけに、ガラス製品にも磁器窯マイセンのモチーフが使われるようになりました。こちらはブルーオニオンという図柄を採用したグラスで、買取価格は1点あたり3000円前後も期待できます。マイセンクリスタルは文献の数が少なく、年代や作家の特定がしづらいので、売却の際は食器買取業者の利用をおすすめします。

【グラス】イッタラ「カルティオ」の買取価格と概要

【グラス】イッタラ「カルティオ」コップ
参考買取価格100~2000円位
「イッタラ」は北欧食器で有名なブランドで、主にガラス製品を手広く生産しています。こちらはシンプルなデザインの「カルティオ」というグラスで、買取価格は大体100円前後からが相場になります。ですが、ダークブルーやグリーン、ウォーターブルーなどの廃盤色は、グラス1客で2000円前後の買取価格が見込めるケースもあります。また、単品よりも複数のグラスをまとめたセットの方が買取価格が高くなる傾向にあります。

【グラス】エルメス「ファンファール」の買取価格と概要

【グラス】エルメス「ファンファール」
参考買取価格1000~2000円位
エルメスは食器も展開している有名なハイブランドで、もちろんグラスも買取に出すことが出来ます。こちらはエルメスが展開している「ファンファール」というグラスで、買取価格は1000円前後からが相場として期待できます。エルメスはガラスメーカーのサンルイを買収しており、グラスもハイクオリティな品が多いです。他にもエルメスのグラスには「アトラージュ」「リズム」などのシリーズがあり、買取価格が高額なものも多いです。

【グラス】ウェッジウッド「プロミシス」の買取価格と概要

【グラス】ウェッジウッド「プロミシス」
参考買取価格500~1000円位
コーヒーカップで有名な「ウェッジウッド」ですが、クリスタル製品も展開しています。こちらは、絆をモチーフにしたプロミシスというグラスのシリーズで、買取価格はグラス1点あたり500円~1000円前後が期待できます。ウェッジウッドは他にも、有名なワイルドストロベリーからもグラスが展開されていますし、ブライダルデザイナーのヴェラ・ウォンとのコラボレーションのグラス、1880年の作品を参考に作られたグローブなどのグラスもあります。

【グラス】ボヘミアグラスの買取価格と概要

【グラス】ボヘミアグラス
参考買取価格5000~8000円位
ボヘミアグラス(ボヘミアングラス)とは、チェコのガラス工芸技術です。ボヘミアグラスの中でも日用品として愛されてきたシンプルなグラスや、カットや彫りが入った高級品まで様々で、買取価格もピンキリです。こちらはボヘミアグラスの中でも有名なガラス工房「モーゼル」のアンティーク品で、買取価格は1客5000円前後が相場として期待できます。特に美しい装飾のボヘミアグラスやアンティーク品などは、買取価格が期待できる場合も多いです。

【グラス】ベネチアングラスの買取価格と概要

【グラス】ベネチアングラス
参考買取価格8000~1万円位
ベネチアングラスとは、イタリアの都ベネチアで作られるガラス製品のことを指します。買取価格もピンからキリまでですが"VRマーク"と呼ばれる品質保証印や”MURANO”という協会の認定シールが付いていると、買取価格が期待できる場合も多いです。こちらはムラノの印が付いた純正のベネチアングラスで、買取価格は1客あたり1万円前後も期待できる高級品です。ただ、ラベルが付いていなくても純正のベネチアングラスは多数あります。

高い買取価格が付くグラスの特徴をご紹介

高い買取価格が付くグラスの特徴をご紹介

ひとくちにグラス買取といっても、買取価格はピンからキリまであります。 ここでは、「高く買取してもらえる傾向にあるグラスの特徴」をご紹介します。

グラスの正確な買取価格は、買取業者の査定員といった専門家に確認しなければ分かりませんが、「高い買取価格がつくかどうか」の目安であれば、ある程度なら特定の特徴から判断することはできます。

有名なブランドのグラスは買取相場が安定

「バカラ」や「エルメス」「マイセンクリスタル」などの有名なブランド食器のグラスだと需要が高く、買取価格も期待できます。 有名なグラスのブランドだと価格帯も高級になりますので、中古で安く入手出来るとなると購入のハードルが下がります。ゆえに再販売もしやすく、買取相場も安定しています。

ブランド食器のグラスでも「アンティーク」は高額になることも

グラスの中には、アンティーク品として希少価値の高いものがあります。 例えば、昔のバカラのグラスは「オールドバカラ」と呼ばれ、アンティーク品として一定のコレクターが存在します。昔は現代ほど工業技術が発達していなかったため「造形全て手作業」など、作品一点一点に技巧が凝らされていることも多い為、現在にはない味のある芸術性と希少性から高価買取が期待できるのです。

ブランド食器のアンティーク食器というとオールドバカラの他にも、マイセンクリスタルやラリックなどの年代物なども有名で、これらの食器はアンティーク食器としての買取も十分期待できます。

金や銀で出来たグラスだと買取価格も高くなりやすい

高級な素材が使われているグラスだと、もちろん買取価格も高額になります。 例えば、金で出来た骨董品のワイングラスや、銀製のショットグラスなどが挙げられます。この場合はグラスとしての価値の他、地金の価値も査定の基準になりますので、買取価格も高くなりやすいです。

作家物のグラスは買取価格も高くなりやすい

グラスやコップの中でも「作家物」になると、高額な買取価格が期待できます
分かりやすい例を挙げれば、アールヌーボーの時代に一世を風靡した「エミール・ガレ」や、アールデコのガラス装飾で知られる「ルネ・ラリック」のグラスなどが挙げられます。日本の作家でも「藤田喬平」や「稲嶺盛吉」など有名なガラス工芸家は多く居て、買取価格も期待できます。

聞いたことのない作家であっても、界隈では名の知れた有名な作家だったりするので、「桐箱に入っていて高級そう」「良いグラスだと言われて受け継いだ」などのグラスがあれば、一度食器買取業者に質問されてみることをおすすめします。

買取を断られてしまうグラスの特徴

買取を断られてしまうグラスの特徴

高い買取価格が期待できるグラスがある一方で、買取が難しいグラスも存在しますので、買取を断られてしまうグラスの特徴をいくつかご紹介します。

まず、「無名ブランド(工房)」や「ノーブランド」のグラスやコップだと、食器買取の依頼はかなり厳しくなる傾向にあります。ですが、付属品が揃っていたり未開封の新品であれば、ノーブランドや無名ブランドのグラスであっても買取を受け付けてくれる可能性もありますので、メール査定を利用して買取価値を判断される事をおすすめします。

あとは、ネーム入りのグラスやコップは買取が難しくなりますが、ここは買取業者によっても判断が分かれるところです。ブランド品のグラスであれば、減額はあれど買い取ってもらえるケースもあります。

また、アンティーク品以外で「使用感が強い」食器は、買取を断られるか、大きな減額がある可能性が高いです。基本的にグラスは飲食で使うものですので、買取の項目として清潔感はとても大切です。そのため、状態が著しく悪いグラスだと買取を断られる可能性があります。

ただ、有名ブランドの食器や作家物のグラスは「観賞用」として楽しむ方も多いので、多少状態が悪くても買取価格が付く場合が多いです。また「グラスセットのうちの1個だけ状態が悪い」という場合でも、トータルでまとまった買取価格が付く可能性も高いので、一度質問してみる価値は十分あります。

また、ノーブランド系のグラスは「単品で売るかまとめて売るか」でも買取してもらえるかの判断がかなり変わりますので、単品では買取不可だとしても、他の物を売る際に「このグラスもまとめて売りたい」と言えば、数百円程度でも買取してもらえる可能性は大きく上がります!

冒頭辺りでも述べたように、査定依頼や買取の可否を相談するのは無料かつ、メール査定で手軽に行えるので、処分しようと思うのであれば一度写真を撮って、食器(骨董品)買取業者にメール査定を依頼する事をおすすめします。

「買取をお願いするかどうかも分からないのに・・・」と気が引けるかもしれませんが、ある程度規模の大きな買取業者であれば、専属のオペレーターがいるので全く問題はありません。(個人店のようなところだと返事が返ってこない可能性もありますが)

福ちゃんをはじめとした、当サイトで紹介しているおすすめ食器買取業者は有名な大手業者ですし、私も実際に利用した買取業者なので、気軽に相談しても大丈夫ですよ。

グラスをできるだけ高額で買取してもらう為に

グラスをできるだけ高額で買取してもらう為に

グラスを高く売る為にはいくつかコツがありますが、「早いタイミングで売る」「下手なメンテナンスをしない事」が大切です。

まず、食器ブランドの新作のグラスなどだと、購入してから時間が経つほど「型落ち品」扱いになっていくため、売るのが早いほど、高い買取価格が付く可能性が上がります。

ブランド食器のグラスでも「バカラのアルクール」「ラリックのルーブル」など、昔からある定番の図柄のグラスだとそうでもありませんが、置いておくだけでも箱などが劣化していってしまいますし、アンティークとしての価値は数十年単位で寝かせておかないと難しいため、高価買取を狙うのであれば早めに売るに越したことはありません。

また、古い時代に作られたグラスになると、傷やヒビ、カケなどのダメージが入っているグラスも多いです。ですが、アンティーク品や作家物などは特に、一般の方が無理に修繕・修理を行うと、更に価値が下がってしまう場合も多いので、下手なメンテナンスをしない事も大切になってきます。 そのため、ヒビや傷などのダメージがある場合でも無理に修復せず、そのまま買取に出されたほうが良いです。

食器を高く売るために、一番確実な方法は【複数の買取業者で相見積もりを取る】ことです。幾つもの業者に質問するのは面倒くさそう・・・と思われますが、一度作成した問い合わせメールをコピペして同内容を他の買取業者に送れば、手間なく複数の買取業者からの返答が得られます。

他にも、高く売るコツは次のページでも紹介していますので、食器買取の際は参考にしてください。

4月のおすすめ業者!

おすすめ食器買取業者福ちゃん
ページのトップへ